Windows XPをお使いの皆様へ

「Windows XP」のサポートが終了しております。


このまま使い続ければウイルス感染の危険性が高まります。

これを機に 本格整備・販売業システム 
次世代型整備ソフト ドリームパワーへ 乗せ換えしませんか!
弊社では PCの導入、ドリームパワーの導入、データ引っ越し、トータルでご相談に乗ります。

価格はお問い合せ下さい。
 

WindowsXPをお使いの皆様へ 関係ないと思っていませんか?

WindowsXP サポートが 終了しました。

しかし時折 まだXPを使用している会社様をお見かけします。
知ってはいても関係ないと 思っていませんか?
プライベートなパソコンなら、インターネットに全く繋いでいないなら それでもいいのかもしれません。
しかし、会社のパソコンでは、そうも言ってられません。 実際に顧客に迷惑をかける事になりかねません。

WindowsXP サポート終了後にどんなことが起こるか、わかりやすく
ご説明いたします。

サポート終了時の問題

セキュリティの危険性が高まる

セキュリティの危険性が高まるMicrosft社はかなりの頻度で更新プログラムを提供し続けています。 サポートが終了すると、セキュリティ更新プログラムの提供も終了します。 そのため、ウイルス感染の可能性が高まり、重要な情報が漏洩する危険性があります。

新しいソフトや周辺機器に対応できなくなる

新しいソフトや周辺機器に対応できなくなる従来のソフトなどはXP環境化での使用が考慮されていました。しかし、サポート終了に伴い、非対応製品も増えます。最新の周辺機器やソフトウエアが使用できない可能性があります。

メーカーの充分なサポートが受けられなくなる

メーカーの充分なサポートが受けられなくなる不具合やトラブルが生じた場合の原因調査がMicrosoft社で行われなくなります。そのため、不具合やトラブルが発生した場合、メーカーのサポートセンターに問い合わせを行っても、解決できないケースが増える可能性があります。

 

こういったトラブルを未然に防ぐために、Windows 7※ OSへの切替が必要です。
セキュリティ更新プログラムが随時提供され、必要なサポートも無償または有償で入手できます。
また、最新のPCに買い替えれば、消費電力の低減はもちろん、操作性などパフォーマンスも向上。
仕事がスムーズにできるようになります。

※ビジネスでは より安定しているWindows7を推奨しています。